木造注文住宅 丸和建設株式会社スタッフブログ

水戸・桜川 丸和建設の家づくりの考え「無垢材と自然素材」健康性と安全性、そして穏やかな質感が心を癒す。高品質の部材。

木造注文住宅丸和建設株式会社 スタッフブログ

茨城県水戸市、桜川市、つくば市 木造注文住宅 丸和建設スタッフブログ

新しい発見!陰陽とは?!
新しい発見!陰陽とは?!
こんばんわ((*pq'v`*))設計部コーディネーターの酒寄です。 ここのところ、急に冷え込んで参りましたね彡(-_-;)彡ヒュー皆様、お風邪などひいてはおられませんか? この時期、悩むのが 体の冷えですよね。 手足の先が冷える"末端冷え症"というのがあります。 その名の通り、末端部分に血液が回らずに冷えていくようです。また、クーラーのきいた部屋に居すぎたり、寒い時期に薄着でいることで末端冷え症になることも十分にあります。 私の冷え方もこの症状とほぼ一緒です。。 そのため、どこへいくにもフリースの毛布が手放せません。毎回持ち歩くのが大変なので、 会社に1枚。車に1枚。リビングに2枚。(1枚はワンちゃん用にw)←毛を短くし過ぎましたw
玄関ポーチにユーカリを置いてみました。
玄関ポーチにユーカリを置いてみました。
営業部の川那子です。自宅の玄関ポーチが少し寂しいので、植栽を置こうと思い立ちました。頂いた植木鉢を置いていましたが、少し高さのあるものを中心に置くといいのかなという事で考え始めました。 下草を見に行った時に、花屋さんのアドバイスを受け、植木を買ってきました。買ってきたのは、ユーカリのポポラスというハート型の形をした葉っぱが特徴のものです。 花粉症予防と書いてありますが、息子の花粉症がひどいので、何となくそれも惹かれてしまいました。 水はけが良いように鉢底石を入れます。 植木を入れ、培養土を入れていきます。 ちょっと最初のうちさびしいので、ワイヤープランツを合わせて植えて、バークチップを敷いてみました。 完成です!何となく周りの鉢もい
無垢フローリングのメンテナンス
無垢フローリングのメンテナンス
弊社で標準施工の無垢フローリングのメンテナンスについてご紹介させて頂きます。 日頃のお手入れに関しては、雑巾を固く絞って水拭きでおこなっていただければOKなんですが、どうしても汚れはつきものです。落ちにくい汚れの落とし方と無垢フロアの再塗装(化粧直し)をご説明いたします。 まずはしつこい汚れの落とし方です。無垢フロア専用のクリーニング洗浄剤をお引き渡し時にお渡ししております。水と混合し(水1リットルにクリーニング洗浄剤を大さじ2,3杯)、うきんで拭いてください。殆どの汚れはそれで取ることができます。 表面の汚れであれば消しゴムを使ったり、メラミンスポンジなどを利用することもできます。※メラミンスポンジでゴシゴシこすると塗装が取れるこ
お月見で一献・・・・・一考。
お月見で一献・・・・・一考。
こんにちは、営業部の町田です。本当に秋めいて参りました。「食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋,etc・・・」皆様に於かれましては、いかが秋をお迎えですか?私にとっては「食欲旺盛の、読書はほどほどの、完全に運動不足の秋です。」 ブログを更新しなければと弊社のホームページを開くと、中秋の名月のことが載っていました。丁度、数日前に妻とTVを見ながら「今年のお月見は過ぎちゃったのかな?気が付かなかったなぁ。」などと話をしていました。 なんと今年は,明日10月4日だったのですね。お月見っ!間にあった!たまには、弊社のブログも役立ちます。 お月見つながりですが、その時見ていた番組のなかで銀閣寺が取り上げられていました。 番組の中でも紹介されて
秋・・なんの秋? Part2
秋・・なんの秋? Part2
10月に入りました。日々、落葉樹の葉が黄色に彩付いてきましたね。皆様、いかがお過ごしでしょうか?設計部の藤枝です。 柿や栗、葡萄など果実が実り食べ頃です。。。実りの秋です!栗・・なんですが・・・身近にあり過ぎて意識したことがなかったこと。。野菜か果物かご存知でしたか?スーパーに行くと野菜コーナーにあり、果物コーナーにはない?栗ご飯、栗きんとん・・・・野菜? マロンというとデザート・・果物?   分類としては、【果物】 樹木に出来るものは(果実)となるそうです。食品成分表などではアーモンドなどのナッツ類と共に『種実類』とも分類されているそうです。栗に沢山の品種があると、ここ数年前に知ったのですが・・・『果物』とは知らなかったです果物や
エアパスで太陽光を設置した時の電気代は?
エアパスで太陽光を設置した時の電気代は?
営業部の川那子です。今年度より、太陽光の固定買取制度が新しくなり、今までに太陽光を設置されたお客様のところへ、ご説明をしに行く機会がありました。 お客様とのお話の中で、電気の検針票を見せて頂く機会があり、そちらを見せて頂いた時に、金額を見てビックリしてしてしまいました。参考に二組のお客様の事例をご紹介します。 共働きのご家庭で、小さいお子様がお二人のご家庭です。 こちらも共働きでお子様がお一人のご家庭です。 どちらのご家庭もエアパスで40坪程の2階建てのお家です。電気のご契約は、今はなくなってしまいましたが、電化上手という契約で、昼間の電気が割高で、夜間の電気がお安くなっているプランです。 二組のご家族とも、昼間ご自宅にいない日が多
大開口が気持ちいい無垢の家 笠間市
大開口が気持ちいい無垢の家 笠間市
弊社スタッフの家をご紹介させて頂きます。外観は軒を薄くすることでスッキリとしたシンプルで飽きがこないデザインに。アクセントに戸袋に木を使うことで弊社らしい木の家に仕上がりました。また軒の出を約1メートルだすことで夏の日差しを軽減させ、太陽が下がる冬には温かい太陽の光を取り込める設計です。 お住まいの見どころはタイトルにもある通り大開口の窓があるリビングです。フルオープンにすれば庭とデッキとつながり開放的な空間になり、1坪の吹抜けを設けることで漆喰壁に反射した優しい光が差しこみます。 玄関石の仕上げには大谷石を使用しました。アクセントに黒い仕上げの石を入れることで素朴な仕上げの中にもおもしろさがでています。玄関内部にも大谷石で仕上げる
ゾーニング
ゾーニング
 設計部の深谷です。  「ゾーニング」という言葉を聞いたことがありますか。都市計画や建築設計において、 相互関係を考慮して必要とする建物などの位置を大まかに決めることです。  私たちが設計する場合は、自由設計なのでお客様より敷地の使い方・部屋の数・大きさ・生活の仕方など、 いろいろな希望をお聞きして、敷地を調べ・環境を見てから始めます。  この「ゾーニング」で、希望した事が入っているか、風通しが良いか、光が奥まで届いているかなど確認出来ていないと、後からいろいろな問題が発生し、満足な設計が出来なくなると思います。  お客様によって、大きな買い物ですので後悔させない様、心をこめてご提案いたします。  展示場は、現在本社桜川市・水戸市に
明日は秋分の日
明日は秋分の日
 こんにちは、工事部の村田です。  日中は太陽が出ているとまだまだ残暑が厳しいですね。 でも時間が経つのは早いもので、今月に入ってすっかり日が短くなり、夕方は過ごしやすく成ってきました。  明日は秋分の日なので、太陽は天の赤道上をほぼ真東から出て真西に沈むそうです。  それからお彼岸は秋分の日を跨いだ前後3日の7日間を指すそうで、お彼岸にお墓の掃除や墓石の手入れするのは秋分の日が「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」という特別な日だからだそうです。  (ネットからの請負ですが、今回はこのブログを通して少しお利口に成りました。^_^)  お彼岸はさて置き、県道をドライブ中にこの時期ならではの花を見つけました。  撮影場所は桜川市犬
ひたちなか市 ひだまりの家
ひたちなか市 ひだまりの家
 台風一過 とても気持ちの良い一日になりました。風も心地よく、秋が段々近づいてくるのがなんとなく感じられます。 こんにちわ、工事部の秋葉です。 今回の台風にて被害になられた方々には、心から御見舞い申し上げます。 さて、このたび ひたちなか市にて新築住宅の工事が始まりました。その名も ひだまりの家 今日の陽気のようにまったりとした 時間が過ごせる空間を お届けします。(ちょっと大げさかも知れませんが!) 先日、鉄筋の検査を行いまして、問題無! 早速明日コンクリートを打設します。これから工事の進み具合をアップして行きますので、興味の有る方はご覧になって下さい。 もし、現地をご覧になりたい方がいらっしゃれば 当方スタッフまでご一報下されば
石桧(いしっぴ)って?ご存じですか・・・!?
石桧(いしっぴ)って?ご存じですか・・・!?
唐突ですが皆さん、石桧(いしっぴ)って、お聞きになったことはございますか? 石桧とは茨城県、栃木県にまたがる八溝山系や日光山系で育てられた桧材のことを昔はよく、そう呼んだそうです。 この地域で育てられた桧材は、国内の桧産地のなかでも比較的年間の平均気温が低く、雨量も少ない為か、年輪の目の詰まった堅く丈夫な木材に育ちます。どうやら石桧とは、「石」のような強度にすぐれた木材であることに由来しているようです。 そんな強度に優れた材料である石桧は、丈夫な家の構造材に適しているのはもちろんのこと、特有の美しい光沢と芳香に恵まれているため、私どものお勧めする木の家には欠かせない材料なのです。 地域の良材に恵まれ、桧専門の製材会社を関連会社にもつ
魔法の〇〇!?
魔法の〇〇!?
こんにちわ($´∀'p)♪。・*。・+設計部コーディネーターの酒寄です。最近急に涼しくなって参りましたね(*´∀`*)ゞこうなりますと、着る服にまたしても困り出す私です。(大体年に2回は困ってますw)タンクトップとかもう寒い!!カーディガン着てもスースーします!!かといって、ジャケットはそこそこまだ暑い。少しずつ衣替えをしないと、風邪ひきそうですwww皆様も、季節の変わり目は体調にお気を付け下さいませ(*'-'*) さて。本日は、"魔法の〇〇"!!というお題。昔から、魔法ちっくなモノに非常に弱い私です。例えば、香りのする鉛筆とか、"ええ!!なんでなんで??"というモノにとても興味が湧きます。 今回の魔法の品は、      お鍋   
夏涼しい、涼やかな家
夏涼しい、涼やかな家
先日、テレビ番組で「美の巨人たち」という番組を拝見しました。いつも通り番組表を見ていると、気になるタイトルを発見。 「あー気持ちいい!聴竹居暑さ寒さ知らずのモダニズム木造住宅」 抽象的なタイトルからどんな住宅なんだろう?暑さ寒さ知らずの住まいの工夫って?ますます気になりますよね。少しご紹介させて頂きます。 「聴竹居」は1928年に竹中工務店に在籍していた建築家・藤井厚二氏の自邸として建設された住宅です。和洋の生活様式の統合とともに、日本の気候風土との調和を目指した昭和初期の日本の住宅です。建築家・藤井厚二氏は大正から昭和にかけて活躍しました。自邸を検証のための実験として作り、実際に暮らした上でよりよい日本人の住まいのあり方を追及する
秋・・なんの秋? Part1
秋・・なんの秋? Part1
蝉から鈴虫の鳴き声に変わりつつ、秋へ移ろぎはじめ、過ごしやすくなりました。 皆様、いかがお過ごしでしょうか? 設計部の藤枝です。 自宅付近でも、稲穂が実り収穫が始まりました。 今年の8月は雨が多かったですが、車移動中に黄金色に光る稲穂をみると影響は少なく新米が食べることが出来そうですね 、、食欲の秋です。 昨年は会社イベントで稲刈りをしました。前日まで雨が降っていましたが、稲刈りの日は快晴で、初めての体験するお子供達も一生懸命、汗を流して収穫をしました。自然の恵みを身体で体感することが出来ました あれから一年経つんだぁ~・・と日々の時間の経過を実感します。。秋といえば、読書というワードも・・・気候として過ごしやすいこの時期は読書に
下草や低木を植えてみました。
下草や低木を植えてみました。
営業部の川那子です。自宅の引渡しを受けて2か月が経ち、少し落ち着いて過ごせるようになってきました。 夏場の休みの日には草取りや芝刈りをやる機会が多く、樹木の下や芝の際の部分等の、雑草対策の意味合いと、少しでも雰囲気が明るくなるといいなという事で、下草や低木等を見るため、最近はホームセンターや花屋さんにも行ってみました。 以前からいろいろと建物を見させていただく際に、お庭を見ると脇役の植栽が、建物やシンボルツリーを引き立てているのを感じていました。 例えばこんな感じで、いろいろな色があると華やかな印象ですよね。 自分の家の庭は純和風で、常緑の植木があるので、空いているスペースや、新たに作ったところは、感じを変えたいなと思っていました。
我が家の近くを走る蒸気機関車
我が家の近くを走る蒸気機関車
設計部の深谷です。夏休みが終わってしまいましたね。子供たちは残念ですが、保護者の皆様は少しほっとしているのではないでしょうか。今回は、我が家の近くを走る、懐かしいSLをご紹介いたします。 路線は、真岡鉄道で、筑西市の下館駅から、茂木駅までの41.9kmです。毎週、土・日・祝日に1往復のみで、乗車券+整理券が必要で、車両は2台あるそうです。見どころは、下館駅では、陶芸家として、初めての文化勲章を受章した、板谷波山などが展示されている、「板谷波山記念館」 や 「下館美術館」 です。益子駅では、陶芸の町として有名で、人間国宝にもなった、浜田庄司などの作品が展示されている、「益子陶芸美術館」 や 「共販センター」があり、陶芸体験も出来る工房
ZEHカタログ制作プロジェクト 始動
ZEHカタログ制作プロジェクト 始動
工事部の村田です。  今日のタイトルはかっこいい!!と思いません?  まあ、自分で勝手に思っているだけですが、、、、(*´∀`*)  当社はパッシブで自然(地球環境)に優しい家造りに取り組んでいる住宅会社としてトップランナーを目指してますが、2020年にはゼロエネ住宅建築50%以上を目標とする国の政策に関しても積極的に参加してます。  そのゼロエネ住宅に関する最初の取り組みがZEHカタログの制作です。  なぜカタログの制作が最初かと言うと、ゼロエネ住宅の概要は簡単なんですが中身はすごーく難しいんです。  それを皆様に理解して頂きたいからです。  ゼロエネ住宅を作るとなると、エネルギーの側面から住宅の仕様を見直さないといけないんですね
エアパス工法&構造体 完成しました!
エアパス工法&構造体 完成しました!
8月5日に開催しました山林見学会に向けてエアパス工法をより理解していただこうと工事部ではエアパス工法&構造体を製作しました。 見学会に参加していただいた方は皆さん興味津々!説明も真剣に聞いてくださりありがとうございました。ますますエアパスの良さが伝わったかなぁと思います。 こちらが完成した。構造体の写真です。実際に建築するときと同じ材料、サイズで作成しました。なので少しゴツイ仕上がりにはなりましたが、実際に使用する材料の良さやサイズが見て触って確かめることができます。 内部も新築と同じ仕様で作成しました。画像では材料など説明書きを加えましたが、モデルある構造体にはまだ手を加えておりません。次の作業は各部材ごとに名前をつけていきます。
最近のお家事情。
最近のお家事情。
こんにちわ($´∀'p)♪。・*。・+設計部コーディネーターの酒寄です。 夏休みも、最終コーナーを曲がって参りましたね・・・!学生の皆様とご家族様。そろそろ宿題という現実に向かいあわねばならぬ時期でございます( ´艸`)!!宿題を後回しにしていた私は、ここからの5日間が夏休みで一番ヒートアップする時期なのです。ポスターを描いたり、絵日記を描いたり、習字を書いたりと、とにかく一年で一番頑張る時期w・・・・・この時期になるとよく思い出します( *´艸`)クスッ♪お盆が終わってから、少しそわそわし出すのですが、まだまだ手が出ず。そわそわしながらも、日々を満喫して、 いよいよ    "・・・やばい。" となるXデーが    "27日"でした
瀬戸内海アートの島
瀬戸内海アートの島
夏休み入りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?設計部の藤枝です。 前回、お伝えしたいなぁ~と考えていたのですが、可愛らしい小学生の訪問のお話を先にお伝えしたため、季節がズレましたが・・ご紹介させて下さい。7月のまだ梅雨の時期でしたが瀬戸内海の島、香川県にある『直島』へ行ってきました。私が所属している建築に携わるメンバー15名、ほとんどの方が十数年来の知り合いの方々ですが旅行は初めて。一泊二日の弾丸ツアーでした。 なぜ直島なの?と瀬戸内海なら小豆島ではないの?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが。。直島ってどこ?って気になられた方は、アートの島と言われるようになった歴史を下記のサイトからご覧下さい。 ベネッセアートサイトミュー
恒例の「山林見学会」 楽しかったなぁ~。
恒例の「山林見学会」 楽しかったなぁ~。
この前の土曜日(8月5日)、毎年恒例の山林見学会を開催いたしました。 前日までの天気予報(降水確率60%)がウソのように、天気にも恵まれ楽しい一日でした。 ご参加いただいたお客様には、桧の山林に向かう前に築16年のモデルハウスを見学した後、 桧専門の製材工場をご案内いたしましたが、長くなりそうなのでその辺は、またの機会に ご紹介いたします。それでは桧の山へGO!です。 山は本当に気持ちが良いよね。なんて澄んだ空気なんだ。自然と深呼吸したくなります。 日本の木、地域の木の大切さ。北限の桧の話。木を育てる大切さ・・・・そのことが山を守り、きれいな水を守り、そのことは川を守り、やがてきれいな海を守ることにも繋がっています。みんな熱心に
今週末はお楽しみに。^_^
今週末はお楽しみに。^_^
 こんにちは。 工事部 村田です。 今日は8月3日木曜日です。今朝は8月とは思えないほど涼しい朝でしたが、徐々に気温が上がって、午後の陽気はそれなりに蒸し暑いいつもの夏に戻ってしまいましたね。  話が変わりますが、今週末はホームページのイベント案内に有るように山林見学会です。 昨年までの山林見学会は営業主体のイベントでしたが、今回は社長はじめスタッフ全員が参加する会社イベントとして開催します。  当然工事部スタッフも参加者の期待を裏切らない様ヤル気ですよ。 葵の里での木工体験は特に期待してくださいね。 ^_^ それで今日は午後からみんなでイベントの段取りをしました。 ココで詳細の全て発表する事は出来ませんので、一部のみ紹介します。
出して置いてもいいですか??
出して置いてもいいですか??
こんにちわ($´∀'p)♪。・*。・+設計部コーディネーターの酒寄です。わたしの時間の感覚がおかしいのか、はてまた時間が過ぎるのがあっという間なのか、気が付くとお当番のわたしです(* >ω<)=3(・・・でも。実はひそかな楽しみだったりしますww(*>艸・)!なぬっ!?) 毎回、ネタに困りそうで困らないのは、自爆ネタをたくさんプールしているからだったりします(*≧▽≦)bb・・・ということはです。日頃から、そんな出来事に出くわすこと(やらかしちゃうこと)が多い・・・ということ!!(* >ω<)=3 そんな私の最近の出来事をひとつ。 先日、つくばのエクスポセンターにプラネタリウムを見に行った時のこと。    出
薪ストーブのある無垢の家 水戸市
薪ストーブのある無垢の家 水戸市
お引渡しさせて頂きましたお施主さまのお住まいをご紹介致します。 今回のみどころはお施主様の夢である薪ストーブ!飽きの来ないデザインのバーモントキャスティングのアンコールを設置しました。床、壁ともタイル張り仕上げ。高級感がある仕上がりになりました。 夫婦の会話が弾む、楽しくなるLDK。お施主様も「夏は涼しく、冬は暖かい。なんせ桧の床が気持ちいい」そんなうれしい言葉も頂きました。見どころである薪ストーブの他にも天井の仕上げでは国産の地松を表しにし、珪藻土クロスと杉板で味わいのある空間です。 LDKから玄関へ向けてのお写真です。ただいまーと聞こえてくるようなつながりのある間取り。玄関とLDK、階段をつなげることでお互いが顔を合わせ幸せな毎
芝生に目土をしてみました。
芝生に目土をしてみました。
営業部の川那子です。自宅工事の外構工事をした際に、少しだけ芝張りをしました。その時にアドバイスしてもらった植木屋さんが昨日様子を見に来てくれて、「目土した方がいいよ!」と更なるアドバイスをくれました。 建築工事の際に、鉄板の養生もしていたので、少しボコボコしちゃってます。 といっても、今まで芝刈りを定期的にやるくらいで、あまり特別な事はやったことはありませんでした。ホームセンターに行ったら、こんなものが298円で売っていました。目土には発芽や発根を促進する役割と、デコボコを修正する役割があるとの事です。 ちょうど良いところに娘が部活から帰ってきたので、ほんの少しだけ手伝ってもらいました。 使用前と後があまり変わり映えしませんが、10
キラキラした眼差しの先にみえるものは・・。
キラキラした眼差しの先にみえるものは・・。
梅雨が明け、セミの鳴き声が一層増し、盛夏となりましたねいかがお過ぎしでしょうか?設計部の藤枝です。 先日、小学6年生の女の子2人がモデルハウスを訪ねて来ました。どうしたのかな?何か困ったことあったのかな?と思っていると、 『建物の中を見せてください』と。その日は、終業式が終わったという午後のこと。『どうぞ~』と招くと『木がたくさん、木の匂いがする、気持ちいい。』『薪ストーブに煙突』『外国に居るみた~い』など。 夏休みの宿題や課題があって見学に来たのかな?と聞いてみると、 『家に興味があり見てみたかった。こんな家に住んでみたい!』と好奇心旺盛に話をしてくれました。 私も分かるかなぁ~と思う範囲で建物の特徴や間取りなど話をすると『対面キ
我が家の家庭菜園
我が家の家庭菜園
 設計部の深谷です。本日は、我が家の家庭菜園を紹介したいと思います。 初めは、7年前より約3坪で夏野菜(キュウリ・ナス・ゴーヤ・ミニトマト・ピーマン・オクラ)を無農薬で育て始めました。      実家は農業を営んでいましたが、少し手伝う程度だったので、どうなるか心配でしたがネットなどで調べながらやって見ると、 何とか収穫出来て感動しました。  今では、敷地も10坪位に増設して、じゃがいも・たまねぎ・長ネギ・キャベツなど、一年を通してたくさんの野菜を育てています。  人力で耕すので大変ですが、野菜を通して廻りの人たちとの会話や、収穫の楽しみがあり、育て始めて良かったと思っています。   皆様も興味がありましたら、プランターでも出来ます
建築物から家へ
建築物から家へ
工事部 村田です。  このところの毎日の暑さ凄いですね。 猛暑と言うか酷暑に近いものが有ります。特に、屋外で作業している方本当に御苦労様です。これだけ暑い日が続くと体調管理も難しいと思いますが、自分の事は自分しか判らないので無理せずがんばってください。  今日載せようと思っている記事は、タイトル通り「建築物から家へ」と言う内容です。タイトルからだと内容が想像つかないと思いますが、言いたいことはシンプルで、私たち丸和建設のスタッフが手がけているのは建築物であって、家として育て上げてゆくのは引き渡し後のお客様だなと日々感じてます、って事です。  ですから当社の様な建築会社が図面を見ながら10棟建てれば、多分10棟ほぼ同じ建物(建築物)が
木の家に興味あるお客様へ・・・
木の家に興味あるお客様へ・・・
このところ暑い日が続きますね。それにしても暑い・・・営業部の町田です。 今日も外は33℃を超えました。 そんな盛夏の折、今年もやります! 山林見学会!! 木の家を建てるには ♬自然を身近に感じること~ 良い木にこだわること~ 木の家の気持ちよさを実感する~こと それが一番大事~♬♬~♪ 山では清々しい空気の中、お食事や沢遊び、木工体験など楽しいひと時。 桧の製材所では丸太から製品になるまでの過程をご見学。 展示場ではエアパス工法の夏のさわやかな空気感を実感!! 下記に当日のスケジュールを含めて詳細をご案内いたしましたので、どうぞお気軽にご参加ください。 記 昨年の山林見学会の様子を一部ご紹介します 毎年感じる事ですが、特に夏の山は
片付けの実践記録です!
片付けの実践記録です!
こんにちわ(*'v`丱)☆+゜設計部 コーディネーターの酒寄です。夏も本格的になって参りましたね!!水分をしっかり摂って、体をちゃんと労わって頂きたいです($´∀'p)♪。・*。・+ まずは。<予約制の見学会のお礼>7月1日(土)2日(日)の見学会が終了致しました。今回は予約制ではございましたが、実際にお住まいになる建物を見て頂くのが一番のポイントかと思います。ご夫婦お二人でお住まいになる平屋でしたので、今後のご計画の参考にして頂けたら幸いです。ご協力頂きましたお施主様、2日間大変お世話になりました。この場を借りまして、心から感謝申し上げます。誠にありがとうございます! さて゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚あっという間にお当

水戸市・桜川市・つくば市 木造注文住宅の資料請求はお気軽にどうぞ!

パンフレット、資料をご確認頂き、他社様の建てられる注文住宅との比較をされてみてください。

水戸市・桜川市・つくば市 木造注文住宅の資料請求

資料請求はお電話、又は、下記資料請求フォームからお申し込みください。

水戸・桜川・つくばの木造注文住宅資料請求電話番号 0296-76-2771

下記の入力フォームに郵便番号、住所、氏名を入力したうえで送信してください。

郵便、又は、宅配便で発送させて頂きます。

お名前*
郵便番号
住所*
電話番号*
*は必須項目です。

PAGE TOP