こだわりの素材と工法。夏は涼しく、冬は暖かく、自然素材がつくり出す心地よいこだわりの家。木造注文住宅 水戸市・つくば市・桜川市 丸和建設株式会社

水戸・桜川 丸和建設のエアパス工法木造注文住宅「無垢材と自然素材」健康性と安全性、そして穏やかな質感が心を癒す。高品質の部材。

「エアパス工法」と自然素材がつくり出す、心地よいこだわりの家。

身体にやさしい本物の素材

良質な県産材桧を採用

良質な県産材桧を採用

丸和建設の家づくりでは、全国有数の良質木材産地である八溝山系の桧を植林から伐採、製材まで管理している丸川木材㈱の木を使用しております。

原産地や生産者を把握することで安全・安心して使うことができます。

また、構造用の柱、土台にはおおよそ樹齢50年以上の丸太を厳選して製材し12㎝角の桧角材に仕上げたものを標準採用。

隠れてしまう部分にもしっかり良質な桧を採用します。

床や壁、屋根の下地材である、大引、根太、間柱、垂木、外部胴縁にも耐久性の高い桧材を使うことでお客様へ安心と信頼の住まいをご提供しています。

厚さ30㎜と27㎜のオリジナル桧床材

厚さ30㎜と27㎜のオリジナル桧床材

一番触れるところだからこそ気持ち良い床材で過ごしてほしい。

そんな思いで丸川木材㈱と相談、開発、改良を重ねご用意しました。

厚さ30㎜と27㎜の桧材を標準採用し、無垢のフローリングは1年中通して心地よく過ごせます。

夏はサラサラした肌触りで、冬は底冷えしない暖かさです。

また年月を重ねるごとに経年の変化により味わい深く変わっていきます。

新築時が100%完成ではなく、住み続けることで120%、150%と住み手と共に成長していきます。

無垢材を100%使った家

無垢材を100%使った家

集成材や新建材が主流の時代ですが、丸和建設では無垢材100%の家をつくり続けています。

柱や土台をはじめとする構造材には桧、杉、松の国産の無垢材。

押入れの内部にも無垢のスギを用いるなど、屋根・床の野地板や壁の中など隠れている場所まで本物の木材にこだわります。

表面だけに自然素材を使った木の家もたくさんあります。見た目だけでは、そうした家との違いは分からないかもしれません。

細部まで無垢材を徹底して使うことで、家に入った瞬間に感じる空気の質がはっきりと違います。

長く住まう家だからこそのこだわり

永く住まう家だからこそのこだわり

天井・壁にはビニールクロスを使わず、漆喰などの塗り壁や自然素材を用いた壁紙を使用し、入口戸などの建具も1本1本熟練された職人による手づくりの建具を標準仕様としております。

漆喰は、調湿性と防カビ効果を併せ持つ素材です。この効果からか、不思議と生活臭を感じることが少なく、スッと深呼吸したくなる空気感があります。

また、漆喰は照明などの光を適度に吸収し、やさしく拡散します。

クロスと並べてみると反射が目に優しいのも特徴です。

「エアパス工法」は太陽エネルギー利用30%以上を確保。省エネに貢献します。夏の省エネルギー効果をプラスすると、エアパス工法の省エネルギー率は60~70%に達します。

「季づくりの家」は太陽熱や風などの自然エネルギーを活かしたパッシブソーラーハウス「エアパス工法」を採用。
日本の気候風土に育まれてきた木造軸組工法をベースに「壁内通気工法」「パッシブソーラーハウス」「新・外断熱工法」の3つの工法特性を併せ持った、夏・冬衣替えが出来る省エネ住宅です。
また、壁体内を換気することで結露を防いで住まいの耐久性と住む人の健康性を高めます。

パッシブソーラーハウス

太陽熱、風、地熱などの自然エネルギーを機械や設備なしで建物に取り入れて活用します。

新・外断熱工法

基礎、壁、屋根を高性能な断熱材ですっぽり包み込みます。

壁体内通気工法

壁体内に通気口と内壁空洞を設け、エアパスダンパーで空気に一定の流れをつくります。

木造注文住宅 丸和建設のエアパス工法 7つの効果

家中どこでも温度差が少なくて快適。

夏は熱気や湿気を排出してカラッと過ごせます。

冬は天井や床や壁が冷えずに自然な温かさ。

一年を通して室内の空気がさわやかで清々しい。

自然の力を効果的に使い、夏でも爽やかに過ごせます。

機械設備を使わないので故障が少なくて安心です。

結露やカビを防ぐ長寿命構造。

自然エネルギーを生かした住まいづくり。

wwww

ここ数年急速に普及している外断熱材工法も、性能と施工技術の両面にいくつかの問題があり、決して完全な工法とはいえません。
それは断熱材がつねにワンウェイの性能しか発揮できず、「夏の日中と夜」「冬の夜と日中」という相反する条件を同時に満足させることができないからです。
また外断熱工法は、一時期日本の家のスタンダードになりかけた「高気密・高断熱住宅」のあくまでも延長線上ですから、自然と隔絶した形の住空間をつくることであり、日本古来の暮らしのスタンスであった 自然と一体となった暮らし方とはかけ離れたものであるこに変わりありません。

夏は涼しく

エアパス工法木造注文住宅 床下換気口を開けます。

wwww

床下換気口より冷風を取り入れます。

通気層と内壁空洞内に発生する上昇気流を小屋換気口より排出します。

熱気とともに湿気を放出し、カラッとした住み心地をつくります。

冬は暖かく

エアパス工法木造注文住宅 床下換気口を閉めます。

wwww

太陽熱が屋根・壁体内の通気層の空気を暖めます。

内壁空洞の空気が循環して、住まい全体に暖かさを運びます。

流れる空気が湿気を抑えて、結露を防ぎます。

エアパス工法は夏お快適です。

エアパス工法は夏向きの工法

高気密高断熱の冬暖かい家という家づくりが主流の時代。
しかし、その一方で夏は熱がこもり、結露など湿気に弱い家になってしまいました。
気密性と断熱性を高めれば冬暖かく、夏涼しいと言われていますが、クーラーなどの機械設備頼みが現状です。

エアパス工法は夏も冬も快適に過ごせますが、特に夏の気持ちよさは格別です。
壁内の空気を小屋裏から排出することで、天井や壁の表面温度が下がり、無垢材や漆喰を使うことで湿度も下がることで体感的に涼しく感じます。
軒をだしたり、風が抜ける間取りを設計することでエアコンの使用を最小限抑えることができます。
エアパス工法は衣替えのできる住宅です。

水戸市・桜川市・つくば市 エアパス工法木造注文住宅の資料請求はお気軽にどうぞ!」

パンフレット、資料をご確認頂き、他社様の建てられる注文住宅との比較をされてみてください。

水戸市・桜川市・つくば市 エアパス工法木造注文住宅の資料請求

下記の入力フォームに郵便番号、住所、氏名を入力したうえで送信してください。

郵便、又は、宅配便で発送させて頂きます。

お名前*
郵便番号
住所*
電話番号*
*は必須項目です。

PAGE TOP