木造注文住宅 茨城県水戸市・桜川市・つくば市 丸和建設株式会社の家づくりの考え。

水戸・桜川 丸和建設の家づくりの考え「無垢材と自然素材」健康性と安全性、そして穏やかな質感が心を癒す。高品質の部材。

水戸、桜川の木造注文住宅 丸和建設の家づくりの考え「無垢材と自然素材」健康性と安全性、そして穏やかな質感が心を癒す。高品質の部材。

日本の森林再生をめざし、地域環境を保全する。国産無垢材を家づくりに使う事は様々な意義があります。

日本の国土の7割は山岳地帯が占めており、豊富な森林資源は日本人の暮らしに大きく関わってきました。
豊かな水も土も酸素も森林が育んでくれたもの。そして、家づくりの主原料である木材も、地域の人々が守り育ててきた森林より産出したものを、地域の大工さんが部材として活用してきました。
ところが、工業化住宅が脚光を浴びるようになった頃から、日本人は国産材に対して「高い」「弱い」「狂う」といった偏見を持つようになり、輸入材が良質であると思うようになりました。
現在では日本の木造住宅の約70%までが外国産の木材を使用しています。その間、国産材は格安な輸入材との比較で商品価値が低下し、しかも整備に手間がかかるため、林業経営が困難に。山林は放置されるままに荒廃の一途を辿り、自然死する森まで現れるようになりました。
丸和建設は、日本の家づくりの原点を見つめました。地域産の木材を使った木造注文住宅をつくり、自然と共存する伝統的な暮らしの在り方を考えました。近い地域で産出した木を使うことは、輸送運搬コストを抑えられるだけでなく、地元の森林を伐採し、定期的に手入れできるというメリットがあります。
そして、気候風土や生活習慣まで知り尽くした地元の職人が、地元の木材を使って家をつくり、先々までその家の面倒を見る。
このような地域循環型の家づくりは、大工や職人たちはもちろん、林業・製材業・運搬業などと連携することになり、地域経済を活性化することにも貢献します。

日本の国産材を使った木造注文住宅づくり。

コストを抑えて国産無垢材を使う木造注文住宅

「節がない」「ヒビが入らない」「くるわない」という材木が良質であると思いがちですが、このような条件を満たしているのは、集成材や輸入材であることが多いです。

さらに造作材や建具まで、塩ビシートを貼って美しさを装っているものが数多く出回っています。

無垢材には節もあれば、少しのヒビ割れもあり、くるいが生じるのは当然のことです。

日本の山林には杉を中心に、檜、カラマツなどの木材資源が豊富にあります。節のない木にこだわれば割高になりますが、ある程度の節や多少の狂いは自然のものと考えれば、かえってコストを抑えることになります。

水戸・桜川の丸川建設の木造注文住宅は良質な木材を使用しています。

適期伐採と天然乾燥が良質な木材をつくる。

木材伐採の適期は、木の成長活動が穏やかになり、水を吸わなくなる11月から1月までの冬期3か月間。

適期に伐採した木は含水率が低く、くるいや割れの少ない材になります。

乾燥センターで、素材に合わせて自然乾燥と人工乾燥させます。

じっくりと時間をかけることで、くるいの少ない良質材を生産します。

良質な木材づくりのポイント

産地が明らかな山から直接伐採した木だけを扱い、流通木は仕入れません。

十分にねじれた乾燥材に修正挽きを行い、モルダー仕上げして出荷します。

安全性を考えてカビ止めなどの薬剤処理を一切行わない、徹底した安心管理。

含水率測定と強度試験による品質管理。

丸和建設の木造注文住宅は自然素材を使った安心・安全な家づくり。

丸和建設の木造注文住宅は自然素材を使った安心・安全な家づくり。

数年前に「シックハウス症候群」と呼ばれる、ホルマリンや殺虫剤などの住宅建材に含まれる有害化学物質によって引き起こされる健康障害が問題となりました。

丸和建設では、それ以前よりビニールクロスや化学建材、合板などの使用を抑えて、自然素材を使った家づくりに取り組んでいます。

柱には国産の檜や杉を、梁には赤松を、土台には檜の芯持材を使用。

壁はクロスを使わない塗壁仕上げが標準。漆喰は、調湿性に優れ、季節の変化に耐え、カビがつきにくいのが特徴。

他にも和紙や石などの自然素材を使用し、住む人にやさしい木造の注文住宅づくりに取り組んでいます。

水戸、桜川の丸和建設には熟練の大工職人が木造注文住宅をつくります。

国産材と自然素材を生かす、熟練職人の手仕事。

丸和建設の家づくりを支えるのは、伝統技術を受け継いできた職人たちです。

熟練の大工が一本一本の木材のクセを見極めながら、墨付けをして継手や仕口を手刻みで加工します。

決して機械ではできない、この手仕事が反りや曲がりねじれといった国産材の弱点をカバーし、丈夫で美しい国産材の家づくりには必要不可欠なのです。

内装は自然素材100%の漆喰が標準仕様。

左官職人がコテを使って手作業で仕上げます。リビングの入口引戸をはじめとした室内建具はすべて国産無垢材による手づくりです。時と共に味わいと風格が増します。

いずれの作業も地域の伝統を受け継いだ職人たちが、国産材と自然素材を使って細部まで丁寧に施工いたします。

水戸、桜川、木造注文住宅の丸和建設はどこの山の木か、製材はどこか、材にはきちんとこだわります。

  • 木造注文住宅 丸和建設は地域の木にこだわり家をつくる。
  • 水戸、桜川 木造注文住宅の丸和建設は製材にこだわります。
  • 丸和建設の木造注文住宅づくりは素材に合わせて自然乾燥と人工乾燥させています。

日本の木、それも地域の木にこだわり家をつくる。 これが私たちのテーマです。
丸川木材の建築部として発足したことが、その背景にあります。
第一に挙げられるのは、地元の材というだけでなく、どの山で育ちどこで製材したのか、トレーサビリティの明確な材しか使わないこと。
ほぼ100%のお客様に製材行程を見学していただきますが、ご自宅の材はこうしてつくられるのかと納得されます。
このようなことができるのは、製材所を身内にもつ私たちの強みだと考えています。
もう一つ、お客様と出会って契約を急ぐのでなく、茨城県の「季づくりの家展示場」で体験宿泊をしていただく、さらに完成見学会にもお誘いし、私たちの住まいづくりに対する考え方を理解していただいたうえでスタートしましょうといつもお話します。
家を建てるのは一生のこと。あせらず、時間をかけて計画を進めていくのが、本来のあり方ではないでしょうか。
うちでは、営業部員のみならず、社員全員がこのスタイルを徹底するよう努めており、1人ひとりがお客様とじっくりお付き合いさせていただいています。また、大工は経験が長く、熟練の腕をもつものばかり。父から息子へと技が引き継がれる例も少なくありません。
文字道り「適材適所」を心がけながら、手刻みによる施工を行っています。

水戸・桜川 木造注文住宅丸和建設 私たちの考える家づくり。

環境にやさしい木の家。それが理想の住まいです。

川那子 弘巳
  代表取締役社長 川那子 弘巳

かつて、家づくりは、地域の森や林で育った木を用いて、その土地特有の気候風土や、環境の中で営まれる暮らしを熟知した職人たちが、腕を振るって造り上げていったものです。
私も材木屋(桧の製材所)に生まれ、幼い頃から木の温かみを知り、木に触れて成長してまいりました。
しかし、ここ数年、輸入材が急増し、工業化住宅という生産形態に、その主流の座を奪われてしまいました。
こうした工業化の家づくりに疑問を感じ、見直し辿り着いた結論が、実は原点回帰とも言える『木』、『人』、『技術』とともに地域の資源を生かす家づくりであります。
私たち丸和建設は、地域循環型の手法によって、真似のできない『個性』と『居住性』を備えた家づくりを続けてまいります。

家づくりに、真心こめて…。

営業部長 町田 俊治

営業部

住まいは建てた時が完成ではありません。
生活がスタートして家族が増えたり、生活スタイルや趣味嗜好も年を重ねるごとに変わります。
そうした変化に柔軟に対応できる設計や飽きの来ないデザイン。
そして何より、いつまでも居心地の良い空間であることを心がけてご提案いたします。
私ども営業部では、 お客様に寄り添った一番身近な窓口として家づくり全体をサポートいたします。

時の流れや季節の移ろいを感じる家。

木造注文住宅 丸和建設 一級建築士 統括部長 深谷 和弘

設計部

「居心地のよい家」を設計コンセプトにしております。
家づくりの設計において、デザイン・機能性・適応性・デザインのどれもがお客様にとって大切なことです。
そのことをしっかり踏まえたうえで、お客様の価値観や要望を共有し、時の流れや季節の移ろいが感じられるような、情感豊かな空間をご提案できるように心がけております。
”住まうこと”は楽しみのひとつになって頂けるような、そんな家づくりに取り組んでおります。

家づくり…。それはみなさんとの共同作業。

現場監理 秋葉 浩志

工事部

私どもではお客様がお住まいになった時の笑顔を想像しながら工事に携わる職人さん達と共に建物を造ります。
建築中には様々な検査を受け、材料にも細かにこだわり、品質の良い建物を着工から完成まで造るのが私たちの仕事です。
着工から完工、その後のメンテナンスまで専任の工事担当者がサポートさせて頂きます。
何十年も住む家だからこそ、末長いお付き合いをさせて頂きます。

水戸市・桜川市・つくば市 木造注文住宅の資料請求はお気軽にどうぞ!

パンフレット、資料をご確認頂き、他社様の建てられる注文住宅との比較をされてみてください。

水戸市・桜川市・つくば市 木造注文住宅の資料請求

資料請求はお電話、又は、下記資料請求フォームからお申し込みください。

水戸・桜川・つくばの木造注文住宅資料請求電話番号 0296-76-2771

下記の入力フォームに郵便番号、住所、氏名を入力したうえで送信してください。

郵便、又は、宅配便で発送させて頂きます。

お名前*
郵便番号
住所*
電話番号*
*は必須項目です。

PAGE TOP